本文へ移動

教員ブログ

本当にあった怖い話
2018-05-17
 
 
みなさん、こんにちは。小野です。
華の金曜日、いかがお過ごしでしょうか?
 
 
私は、暑くて暑くて、溶けてしまいそうな日々を過ごしています。
 
 
そう、それは5月なのに、とても暑い日の事でした。
学校から帰宅すると、昼間の気温の高さがわかるほどに部屋が温まっていました。
私は暑さに耐えかねて、エアコンをつけて寝たんです。
久しぶりに使用したエアコンは、なかなか涼しくならず、しばらくぶりに使うからな〜埃でも溜まってるのかな?今度のお休みに掃除でもしようかな〜と小野の休日に予定というものを入れてくれたんです。
 
 
本当に暑い夜でした。
次の日学校で受付の若林さんと、暑いですね〜小野溶けだしちゃう。なんて話をして、またその日も帰宅。
エアコン!エアコン!と、リモコンに手を伸ばし、そこから夕食。
あー今日も暑いーモワモワするーと悶え、もう少し温度を下げようか、と温度を見たらびっくり。暖房って。
そう、暖房って。
ねぇ、暖房って……
 
 
お願い誰か嘘だと言って。
 
 
冷房設定に切り替えた途端、瞬く間に部屋は涼しくなりました。
 
 
それでも休日の予定は決行します。
 
 
おしまい。
 
 
 
TOPへ戻る